さいたま市小4男児殺人事件の初公判

時事(ニュース)

昨年9月のさいたま市小4男児殺人事件の続報です。

さいたま市見沼区の集合住宅で昨年9月、住人の小学4年男児の遺体が見つかった事件で、初公判が行われました。

殺人と死体遺棄の罪に問われた義父の無職長島(旧姓進藤)悠介被告(33)は、罪状認否で「間違いありません」と起訴内容を認めました。

義父、殺害認める 集合住宅の小4遺体―さいたま地裁:時事ドットコム
さいたま市見沼区の集合住宅で昨年9月、住人の小学4年男児=当時(9)=の遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われた義父の無職長島(旧姓進藤)悠介被告(33)の裁判員裁判の初公判が30日、さいたま地裁(任介辰哉裁判長)であった。長島被告は罪状認否で「間違いありません」と起訴内容を認めた。判決は10月9日の予定。

 長島被告は捜査段階で、「『本当の親じゃないのに』と言われ腹が立った」などと供述していた。

 起訴状によると、長島被告は昨年9月17日、養子だった男児の首を電気コードで締め殺害し、隣室の電気水道設備室内に死体を遺棄したとされる。

時事ドットコム

1年以上前の事件ですが、メーターボックスで遺体が発見されたこと、男児の靴が家にあるので、男児の家の中で犯行が行われたとしか思えないこと、などといった、細かいところまで覚えている印象深い事件です。

逮捕された継父は、母親がネットで知り勝った相手だといいます。子供を連れて再婚するのであれば、子供が不幸にならないか熟慮を重ねるべきです。それを怠った母親にも、落ち度があるのではないかと思います。(もちろん、最も憎むべきは継父ですが)

被害にあったのは、何の落ち度もない連れ子です。天国では幸せに過ごせるよう祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました