福岡県篠栗町5歳男児餓死事件で母親とママ友を逮捕。マインドコントロールか

時事(ニュース)

昨年4月に福岡県篠栗町で発生した5歳男児餓死事件で、母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)と、そのママ友である赤堀恵美子容疑者(48)が保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されました。

赤堀容疑者は、事件と無関係の女性を「ボス」と呼び、碇容疑者に「旦那さんが浮気している。ボスが調査費を立て替えてくれている」などと嘘を言うことでマインドコントロールし、離婚に追い込み、現金を繰り返しだまし取ったということです。

男児搬送先で母親に口止め? 5歳餓死、逮捕の女
福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親と知人の女が逮捕された事件で、男児が救急搬送された際、...福岡県篠栗町で昨年4月、5歳の男児を餓死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で母親と知人の女が逮捕された事件で、男児が救急搬送された際、...

 関係者によると、三男の翔士郎ちゃんは昨年4月18日、自宅で意識を失った。碇容疑者から連絡を受け訪問した赤堀容疑者らが119番し、福岡市の病院に搬送された。碇容疑者は病院で医師に「助けてください」と懇願。待合室に入ると、同行していた赤堀容疑者が「ボスのこと、浮気のことは警察に言うな」と指示したという。翔士郎ちゃんは意識が戻らないまま、死亡が確認された。

西日本新聞

母親がママ友にマインドコントロールされ、5歳の子供が大切なパパを奪われ、家族の生活資金も奪われ、ついには育児放棄され衰弱死したという痛ましい事件です。

碇容疑者は、「夫が不倫した」との赤堀容疑者の嘘を信じ、離婚に至ったそうです。理不尽に不倫を疑われて離婚され、親権を取れず、大事な子供を殺された父親は、無念の極みなのではないでしょうか。

落ち度のない父親が、離婚後に子供を見守ることすらできなくなるのは、親権制度の欠陥です。日本に共同親権があれば、防ぐことができたのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました