大阪市東淀川区2歳女児暴行死事件で父親の初公判

時事(ニュース)

平成29年12月、大阪市東淀川区で、養子である2歳女児を暴行死させた、父親の今西貴大(たかひろ)被告の初公判が開かれました。傷害致死や強制わいせつ致傷などの罪に問われた被告は、無罪を主張したとのことです。

2歳娘への傷害致死などの罪 被告が無罪主張 大阪地裁初公判
 大阪市東淀川区で平成29年12月、2歳の娘に暴行を加えて死亡させたなどとして、傷害致死や強制わいせつ致傷などの罪に問われた父親の今西貴大(たかひろ)被告(32…

 起訴状によると平成29年12月16日夜、当時の自宅で、妻の実子で養子縁組をした娘=当時(2)=の頭部に暴行を加え、脳挫傷などの傷害を負わせ死亡させた。また、同年12月には性的暴行を加え、1週間のけがをさせるなどしたとしている。

産経新聞

また、母親の再婚相手による虐待死事件です。
こういった事件に触れるたび、被害児が気の毒で胸が痛くなります。

もちろん加害者が悪いのですが、母親が子供の幸せなど考えずに再婚相手を選んだことが根本原因だと思います。
大切な子供のために、再婚相手の人柄などを見定めようとは思わなかったのでしょうか。
子供の命より、自分の性欲を優先したのでしょうか。

この被害児は、生まれ変わったら、子供を大切にしてくれる両親の元に生まれることを祈ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました