双葉保育園の5歳児バス置き去り死事件で、他にも多数の閉じ込め虐待との報道

児童虐待 時事(ニュース)
児童虐待

福岡県中間市の双葉保育園で発生した倉掛冬生くんのバス置き去り死事件の続報です。

この保育園で保護者向けの説明会が開催されたのですが、同園で、これまで数多くの「閉じ込め」事案が発生していることが新たに判明しました。

福岡5歳児バス置き去り 保護者会で20人の“園児閉じ込め”が発覚(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 約9時間にわたり送迎バスに放置され、7月29日に熱中症で亡くなった福岡県中間市の双葉保育園に通う倉掛冬生くん(享年5)。痛ましい死から2日後に行われた同園の保護者会で、園で起こっていた過去の“閉じ

ヒートアップする保護者会の最中、ある保護者が「子供が(倉庫に)閉じ込められていた保護者の方って、どれくらいいるんですか?」と参加者に尋ねたところ、驚くべきことに、約20人もの保護者が挙手したそうです。

倉掛冬生くんの事故については、「登園バスから降ろし忘れた」と保育園側は一貫して確認ミスを主張していますが、実は閉じ込め事件だったのではないかとSNS上では噂が流れています。

園長は、冬生くんの母親に対する「寝ていたから気づかなかった。ごめんね」というあまりにも軽い謝罪や、事件の直後に保護者に向けて「今後も園長に留まる」と述べるなど、人として重要な何かが欠けているように感じます。

この保育園は、以前から杜撰な保育を行っていたようです。
卒園生や元保育士など、双葉保育園の関係者たちによる怒りの告発が、Twitterに数多くを上がっています。

個々のツイートの真偽は不明ですが、問題のハイエースへの閉じ込めも報告されています。

Twitter上では、事件当時のドラレコ画像を募集するツイートもあります。
こういった呼びかけが元になり、真実が明らかになることを願います。

タイトルとURLをコピーしました