三重県津市で、妻の連れ子に暴行した疑いで継父を逮捕

児童虐待 時事(ニュース)
児童虐待

三重県津市で、3歳の男児に暴行を加えたとして、39歳の建設作業員である継父が逮捕されました。

妻の連れ子の3歳児に暴行した疑い、父親を逮捕 日常的な虐待の有無を捜査 三重(メ〜テレ(名古屋テレビ)) - Yahoo!ニュース
 三重県津市で、3歳の長男の肩をつかんで引っ張るなどしたとして、父親が逮捕されました。  暴行の疑いで逮捕されたのは、津市の建設作業員の男(39)です。  警察によりますと、男は5月、自宅で妻

逮捕容疑は、今年の5月に、自宅で3歳の男児の右肩を掴み、玄関まで引っ張るなどの暴行を加えた疑いです。
男は、容疑を認めているということです。

虐待の被害にあった男児は、容疑者の妻の連れ子です。

男児の体には、打撲や擦り傷が複数見つかったため、長期間の虐待が行われた疑いもあります。
また、男児の姉も虐待の疑いがあり、児童相談所に保護されたということです。

児童相談所へ通報したのは、男児が通っている保育園でした。
母親も気づいていた可能性が高いと思われますが、母親からの通報ではありません。
母親は、虐待を黙認していたのでしょうか。

またしても、妻の連れ子が虐待される事件が起きました。

実父との定期的な面会交流があれば、このような虐待への抑止力にもなったかもしれません。
両親とも親権者として問題ない場合は、離婚後も、継続的に面会交流が行われるよう行政か司法機関が働きかけても良いのではないでしょうか。

子供が虐待される事件が、これ以上起こらないことを願います。

共同親権が日本を救う ~離婚後単独親権と実子誘拐の闇

愛する家族と交流できる
“当たり前の社会”を目指して

毎年約12万人の親が親権をはく奪され、
その多くが子と生き別れになるという、世界に類を見ないガラパゴス社会・日本——。
なぜ自分の子どもに会うことすらできないのか。
離婚後の養育の在り方や現行制度の課題を提言。

タイトルとURLをコピーしました