タレントの熊田曜子さんがDVによる離婚協議。不倫疑惑も。

時事(ニュース)

タレントの熊田曜子さんが離婚協議中であることを明かしました。

熊田曜子「離婚決意」暴行容疑で逮捕の夫と「帰宅近づくと恐怖感じる」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
タレント熊田曜子(39)が31日、所属事務所を通じてコメントを発表し、今月18日に熊田への暴行容疑で逮捕された夫と離婚を前提に協議していることを明かした。

熊田は「コロナ禍で皆さまが大変な思いをされているときに私のプライベートなことでお騒がせして大変申し訳ございません」としつつ「報道されています通り、令和3年5月18日の深夜、私が夫から暴行を受けたこと、身の危険を感じた私が警察に連絡したこと、駆けつけてくださった警察官に夫が逮捕されたこと、私がこの件について被害届を提出したことなどはすべて事実です」と熊田本人が初めて事件について言及した。

日刊スポーツ

熊田曜子さんの言い分では夫のDVによる離婚ということですが、別の報道によると、熊田さんの夫は、熊田さんに対して不倫疑惑を突き付けていたそうです。夫の言い分が正しければ、不倫の証拠をつかまれる前に、熊田曜子さんがDVを捏造したという可能性も考えられます。

当事者でないと、どちらが正しいかはわかりません。しかし、不倫の発覚前に、DVなど別の離婚事由をでっちあげて逃げ切ろうとする事例は、世の中に多くあります。

筆者の元妻も、自分が不倫しておきながらそれを隠し、「夫がすべて悪いから離婚してくれ」などと主張していました。

私からのアドバイスとしては、配偶者に不倫疑惑を突き付けるなら、言い逃れできない確かな証拠を押さえてからの方が良いです。認めて反省してくれる、などという期待は、まず実現しません。一度不倫した人間は、もう別の生き物と思った方が良いです。

疑惑の段階で突き付けてしまうと、不倫は水面下に潜り、最悪DVをでっちあげて子供を連れ去るようなケースもありえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました