小1女児殺害の疑いで母親の嬉野陽子容疑者を逮捕 大分県中津市

嬉野陽子 時事(ニュース)

事件の概要

2023年1月17日の朝、大分県中津市のアパートで、小学1年生女児の嬉野いち花(か)さん(7歳)が自宅で死亡しているのが見つかった事件で、大分県警は一緒に住んでいた母親の嬉野陽子容疑者(40)を逮捕しました。事件の現場はJR中津駅の近くの住宅街で、近くには中津市役所があります。

殺人の疑いで逮捕されたのは、大分県中津市豊田町の無職、嬉野陽子容疑者(40)です。嬉野陽子容疑者は、1月17日午前0時ごろ、自宅で娘の小学1年生、嬉野いち花さんを殺害した疑いが持たれています。

嬉野陽子容疑者は17日午前7時26分頃、自ら「娘を殺してしまいました」と中津警察署に通報しました。現場に駆けつけた警察官がアパートの寝室で嬉野いち花さん(7)を発見、救急隊員が死亡を確認しました。目立った外傷や出血などはなかったとのことです。




嬉野いち花さんに目立った外傷や争った形跡などはなく、警察が詳しい経緯を聞いていましたが、母親の嬉野陽子容疑者が嬉野いち花さん殺害を認め、容疑が固まったため、殺人の疑いで逮捕しました。これまでの取り調べに対し、嬉野容疑者は容疑を認め、落ち着いて受け答えをしているということです。

中津市教育委員会によると、嬉野いち花さんは、学校生活の中で特に懸念される状況はなかったとのことです。

嬉野容疑者はいち花さんと2人で暮らしていて、2021年の9月、警察や児童相談所に「子どもの育て方が分からない」などと、電話で育児の相談をしていたとのことです。

大分県警によると、中津署は2019年8月に嬉野陽子容疑者と男性の間のトラブル(男性によるDV)を把握し、娘の嬉野いち花さんも心理的虐待(面前DV)を受けた可能性があるとして児童相談所に通告しましたが、嬉野いち花さんには、当時は外傷などは見つからなかったとのことです。また、21年9月にも嬉野容疑者から育児に関する相談を受け、児相に連絡していたとのことです。




またしても、罪の無い幼い子供が犠牲になる虐待事件が起きてしまいました。行政にも相談があったのに、最悪の結末となってしまったことは残念です。

嬉野陽子さんが、育児の相談をなぜ警察にしていたのかよくわかりませんが、他に気軽に相談できる場がなかったのかもしれません。公の窓口に相談しても、説教されるばかりで共感してもらえないといった話も聞きます。

一方、地域にもよりますが、公共施設や民間の子ども食堂といったセーフティネットも存在します。支援が必要なのは、経済的な困窮家庭だけではありません。色々な育児の悩みを抱える家庭が、もっと気軽に利用できる制度や施設、コミュニティがあればと思います。




世間の反応

この事件に対する世間の声(Yahoo!ニュースより引用)
  • もう親ガチャで当たり外れがあるのは仕方がないけれど、せめて命だけは救ってあげられないものだろうか。もっと子育てに向いていない人達が気楽に預けられる施設とかがあれば良いと思う。定期的に親と面談して迎えに来る気配がなければ厳しい審査を通った人に里子に出せるシステムであれば精神疾患を持った親元にいるよりよっぽど幸せ。ネグレクト家庭で育った私が言うのだから間違いない。
  • うーん、正直やっぱりなあ、という感じ。 一見普通に暮らしてて、でも実は育児の悩み抱えててある日爆発したっていうケースもあるんだろうけど、それよりシンママで男性トラブル絶えなくて児相にも何度か通報行ってる人のほうがやっぱり子供は何倍も危険なんだと思う。 もうほんと、さっさと法律変えて児相と警察にもっと強い権限持たせないと、ただでさえ少ない子どもがどんどん減っていく。
  • 亡くなった女の子のことを思うと心が痛みます。親として・・子どもの命より大切なものがあるのだろうか。 年配者の思いです。私には子どもの命より大きいものはない
  • 男性トラブル?噂にはあったけどシンママだったの?
  • 男性トラブル後に相談って。 育児の悩みかと思ってたら男絡みの相談?
  • シングルマザーで男に依存していたのか。
  • 親として最低である。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2ad19119eec441c3c8aec9b2c6eecfaba61bfa75/comments




タイトルとURLをコピーしました