宮崎県延岡市で妻の子供に殴る蹴るの暴行、男を逮捕

児童虐待 時事(ニュース)
児童虐待

宮崎県延岡市で、妻の実子に虐待をくわえたとして、35歳の派遣社員の男が逮捕されました。

妻の実子の男児2人を殴る蹴る、けが負わす…男を逮捕(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 宮崎県警延岡署は6日、ともに10歳未満の男児2人にけがをさせたとして、同県延岡市、派遣社員の男(35)を傷害容疑で逮捕した。

被害にあった児童は2人で、ともに10歳未満の男児です。

この家族にはもう1人の子供がいたようですが、児童相談所に一時保護されたのは2人だけであり、もう1人は虐待を受けていたという情報が現時点ではありません。
妻の連れ子は2人だけで、もう1人は実子だったのかもしれません。

頭を殴ったり足を蹴ったりする虐待が確認されており、被害児童は経過観察1週間の打撲を負ったようです。

またしても、何の落ち度もない妻の連れ子が虐待を受ける、痛ましい事件が発生してしまいました。

シングルマザーには再婚して幸せになる権利があると思いますが、再婚相手を選ぶ時は、本当に子供の事を考えてくれるパートナーを選んで欲しいと思います。

子供を犠牲にして女性としての幸せを追い求めるのであれば、親権を放棄して欲しいと心底思います。

共同親権が日本を救う ~離婚後単独親権と実子誘拐の闇

愛する家族と交流できる
“当たり前の社会”を目指して

毎年約12万人の親が親権をはく奪され、
その多くが子と生き別れになるという、世界に類を見ないガラパゴス社会・日本——。
なぜ自分の子どもに会うことすらできないのか。
離婚後の養育の在り方や現行制度の課題を提言。

タイトルとURLをコピーしました